週末(1月7日)の保有資産。162,453,301円

20170106-001

新年に入りましたね
株でも資産を増やしたいですが、
今年はブログにおいて収益化を頑張りたいところです
アドセンス張るだけだけどね





雰囲気マクロ投資家の世界経済メタ解説


「トヨタはメキシコに工場を作らずアメリカで雇用しろ」

トランプ大統領の発言です
これに限らず過激な発言が増えてきました。
日本に対する発言がどうにも怖いところですが
まぁなるようにしかならない

次期大統領は1/20日に就任します
これからそれまでの少しの間の発言は重要です
なぜならこの期間に発言したことが実行できないなら世界から舐められるからです

アメリカの大統領は非常に権限が強く、かなりの事をやる事が出来ます
やれないことを最初に言ってしまえば強いアメリカは帰ってきません
最初に発言したことは「やれる」ことだという事です

世界はいまトランプ発言を固唾をのんで見守っています
これはアメリカ大統領には「力」があるからです
議会のねじれもありません

次期大統領が今発言していることは「やれる」事であって
「やる」可能性が高いという事です




トランプ政策予想を簡単にまとめると

・強力な減税をやり景気を良くする。インフレ支持
 →税収が足りない分は国債で。インフレ抑制に金利は上げる
 →金利の調整はインフレの調整弁でしかない。調整弁で流れは変えられない

・大規模な国内(アメリカ)の保護、保護貿易主義。
 →アメリカが劣勢な分野ではしっかり関税をかける
 →強い分野は規制緩和。マスコミは嫌い。大企業は租税回避せず税金を払え

・外交姿勢。中国は嫌い。イスラエルは保護。ロシアは?
 →中東と東アジアでの主導権争いは激化。

僕はこういった感じだろうと思います

ここから数か月の注目ポイントとしては

・米ドル利上げ速度(早ければ年末1.5%)

・欧州の各選挙
イギリスのEU離脱手続きの最高裁判断(1月中?)
オランダ(3.15)、フランス(5初旬)、ドイツの選挙

・ECBの金融緩和の縮小=テーパリング(早ければ3末)

こんな感じでしょうか


アメリカ国内の景気判断をする必要がないので
僕は当面は米雇用統計を注目しません

そーせい(4565)

20170106-SOSEI


そーせいは14030円。
25日線はこえましたがそれほど信頼性のある形でもない
8月や9月の初旬にも一瞬超えましたからね(´・ω・`)
(雰囲気チャート読み)
ただ信用残は年をまたいで少し減りました(290万くらい)
この株価から下に行くのは悪材料が出た場合だけでしょう


順調な進捗とともにさらなる成長の黎明期にて
育ちゆく相場、控える材料とともに水準訂正を待ちましょう。
(そ株ヲタ恒例の完コピで〆)





2016年1月15日(ブログ開始時)
20160115-001

2017年1月4日(2016年度末)
20161231-001





良ければ押してね(´・ω・`)