週末(2月4日)の保有資産。153,567,712円


20170204-001

昨年夏以降ずっとお金が減っていってきついです・・・マヂで((+_+))
小野薬品もそーせいも一息ついた感じですが、下値は何の担保もない状態
小さいロットで買った株はそれなりに上昇しているのですが焼け石に水

FXは別口座(ブロードネット)でもドル買い(112.5@2枚)
当面口先介入によるドル安もあると思いますが、トランプが・バブル緩和・基軸通貨であることを降りる・等々「とんでもないこと」をやらない限り、現在打ち出してる政策の方向性はドル高方向です。世界のお金がドルを経てアメリカに投資されるわけで、実需のドル買い需要は相当に大きいはずだからです。

僕は当面は為替は下がればドル買いというスタンスでやるつもりです

そーせい(4565)

そーせい2年チャート(週足)
20170204-SOSEI


そーせいは13750円。
チャートに挿画してあるのは25週線。スローストキャスティクス


株価とストキャスがダイバージェンス(逆方向)を向いているときは相場転換の雰囲気
(雰囲気のみ)
絶好の買いポインツと言えるでしょうね\(^o^)/

というわけですこしずつ買っていこうと思います
・・・(現金余力ゼロにつきもちろん信用買い)


さて、先日2/2にヘプタレスの行っている治験の情報が更新されました。アルツハイマーと統合失調症の候補役であるM1アゴニスト2種類のそれぞれのフェーズ1A、フェーズ1Bが終了したようです。これからデータ解析にはいります。
そーせいはアラガンに対して「最初の3つ」の候補物質について進捗に合わせてマイルストーン(一時金)がもらえる契約をしています。この2つが期末までにフェーズ2に入ることができるでしょうか。

今期内にフェーズ2に入れるかと言えば、ギリギリなのですが、ドラッグデザインというものは非常に難しく、本質的に有効有用な物質であっても最大の統計結果を得られるように治験のデザインを練る必要があります。工程や容量、何のデータを取るかという工夫であったり当て感のようなものが必要です。僕はこのMシリーズにおいては拙速に治験に入らず十分に戦略を練ってやってほしいと考えています。期ズレがあったとしてもです

2つのM1アゴニストはどういう形で使われるのか、このアゴニスト同士を組み合わせることはあるのか、組み合わせるとしたらどういう配分になるのか。作動薬であっても結合の状態によっては抑制的な働きをすることもあるようですから、ヘプタレスとしてもいろいろな可能性を試してやりたいのではないかと思っています。(当然よくわかってないままコレ書いてます)

だから時間がかかるのはしょうがない(´・ω・`)


・・・ オービット関連もいろいろIRが出ていますが、将来の種や夢であって直近の株価には影響ないでしょう
 





2016年1月15日(ブログ開始時)
20160115-001

2017年1月4日(2016年度末)
20161231-001





良ければ押してね(´・ω・`)