週末(3月4日)の保有資産。144,647,615円

20170304-001

トランプ発言でリスクオフ。
日経ももう一度20000円を目指しそうです

為替
ドル円相場では直近の最も大事なポイントである3月の利上げの確率が高まってきました。専門家の出す「アメリカの3月の利上げ予想」はいい加減なもので、一月前は20%だったのが最近になって90%というコンセンサスに。

そもそもどちらにしても3月~6月のいずれかに利上げがある確率はほぼ確実です。なぜならいままでアメリカは強い経済回復の数字が出ていても、長期間金利を据え置きにしていました。この状態から金利を上げるというのは景気の先行きが良い状態だからです。そして過去、このような状態から利上げを始めるときは連続して金利を上げるという手段が定跡化しています、(過去の4度の局面すべて)。利上げが継続してある以上、金利差の関係から中期的には円安確率は非常に高いのです。為替は目先の数字ではなく政策の行く末をみて長期で勝負するものだと考えています。3月であろうが6月であろうがしばらく利上げ局面が続き、それを織り込むまでは円安の流れ、円安のトレンドと認識してトレードをしたいところです。

僕の予想では金利は連続してあげられる可能性も高く、おそらく年3回。利上げ幅は0.25×3と予想しています。ドル/円100円前後においては日米の国債の償還利回りの差と為替は強い相関関係がありますので、当面は円安がつづくことでしょう。

3月末までに円安にふれるのであれば日経の今季EPSは上向きますし、日経も下を見るより上を見る時期かと思っています。


・・・

持ち株は冴えない動きでダラダラ。

材料と値動きのおもしろそうなGNIを打診買い(522@10000株)
筋違い特許のGNI。さすが(ほぼ)中国企業です。魅力あります
しばらく持つ予定です

そーせい(4565)

20170304-sosei
そーせい2年チャート(週足)

13050円
です。オシレーター系の指標でもダイバージェンスが少し前から出現していて、トレンド転換は近いか?
週足で抱きの一本立ち。抱きの一本立ちは底値圏で出現すると数週間で上向くことが多い・・ハズ(´・ω・`)

上がる材料もないのですが信用も徐々に整理されているようでゆったり時間で勝負
期末の売り上げは、下方修正時点でほぼ達成していますので(アラガンやファイザーからの研究開発費の支払いが期末に一括で計上される)ほぼ無風ではないかと思います。

去年と同じように「有価証券報告書」を出す前に進展があった場合、利益と経費の割り振りの期が変わる可能性がありますので数字を出していないだけでしょう。為替の変動も大きそうです。そーせいは現在107円予想



2016年1月15日(ブログ開始時)
20160115-001

2017年1月4日(2016年度末)
20161231-001





サラリーマン投資家 ブログランキングへ