週末(7月1日)の保有資産。124,004,790円


20170701-001

蒸し暑い日が続きます。7月に入りました
上半期はひたすら小野薬品を損切るだけの6か月。
そーせいのポジションを調整しながら小野薬品をひたすら損切

この半年の中長期保有目的での新規購入はGNIくらい・この株の技術は一切証明されていませんが(僕は全く信用していません)販路となんらかの事情で中国市場で勝負できる特殊な株であり独特な宝くじという認識です。えげつない増資を発表したときに半数利確しましたが、半分は持っている。平均単価480円×6000株(信用)
僕が期待してるのは7月末に中国の保険収載の進捗が公表されるためで、それまでは売り買いをしない予定です。パクリ特許を持って中国で大きな売り上げが上がった時に世界がどう反応するのかも知ってみたいところです(笑)

そ・斧についてはさんざん日記で書いてますが、小野は国の薬価の方針がはっきりしないためなかなかターンは回ってこないと思ってます。思えばミクシィを筆頭とするゲーム株も去年前半は財務とは関係なしに買われませんでした。消費者庁がガチャ課金について何らかの規制を入れると考えられてたのが大きいと思います。しかし実際は確率明記を促しただけで大きな規制はやってきませんでした。そのため去年後半からどんどん大口買いがすすみ簡単に2倍に駆け上がったわけです。
こういう大型株はどの時期に大口が資金シフトしてくるのか、そういう部分をしっかり理解したいとかんがえてます。

とはいっても小野はPD1周りの特許を握っているのは事実でメガファーマが触手を伸ばしてきてTOBされる可能性があるので一定数持っておきたいです。自己株を消却させたのも非常に良い。また保険の問題がおちついたら今年のミクシィのようにもういちど高値を試していくだろうと思います。1年くらいはかかるかもしれません


最近は世界の株の流れとして、ハイテク株が売られています。これは先週も先々週も書いたと思いますが、金利上昇局面までがハイテク株のターンだという認識があり、これから金利が上がっていく場面では素材株などが活況になると思っています。今まではNVIDIAやアップル、ソニーのターンでした。半導体はシリコンサイクルというどうしても構造上避けられないサイクルがあり、10年くらい投資をしていると半導体株のシリコンサイクルの爆発的な波を何度か経験することになります。前回は2005~7年にありました。だから次の波は絶対取りたいと考えていたのですが、今回もうまく取れませんでした。(そーせいという素晴らしい株にであったおかげでもあります)半導体はコモディティ化して供給過多になって潰れるところが出てきてからが勝負。また何年か雌伏したらこのサイクルは熱い波がやってきます。僕は長期投資家として次の10年はそういう所を狙いたいと思ってます。直近はよゆうがあるならば次のシフトは素材株。コモディティ。電池株。化学株あたりだと漠然と考えています


この半年の確定損益は-2000マンくらい。ほとんどが小野薬品の損切ものです
だいぶそーせいの持ち株を減らされましたがそれほど心配はしていません
そーせいのようにバイオ株でこれほどはっきりしたビジョンが持てる株はそうそうに巡り合えません

そーせい(4565)

20170701-sosei


そーせいの1年チャート(日足)
12350円(先週比-120円)

ペプチドリームとの提携が僕の周りのTwitter仲間で沸いています。これは業績に期待という部分よりもずっと「こういう組み合わせは面白いだろうな」ってみんなで言ってきたからです。去年の株主総会や今年の個人投資家説明会に出席していろいろな人と話をしたのですが、ペプチと提携したら面白いよねって話題が何度も出ていました。Twitterでもそういう話題がたびたび出ていたと思います。

こうなったらいいな~という予想が実現したから喜んでるんですね。株はこういう部分がおもしろいんです。僕が往復に数万もかけて新幹線を使って個人投資家説明会や総会にでるのはこういう横のつながりでたのしく語り合える株仲間を増やしたいからです。








2016年1月15日(ブログ開始時)
20160115-001

2017年1月4日(2016年度末)
20161231-001





サラリーマン投資家 ブログランキングへ