日本の国民皆保険制度を食いつぶさないか・・・
そっちのが心配になるくらいの売上が見込めるオプチーボ
現在は末期のメラノーマと一般的な肺がん(非小細胞肺がん)の末期に使用可能
治験入りしてるライン(大腸がん、前立腺がんなど多数)を考えると・・・
今後数年で出せる利益は莫大

メルク&ファイザー連合軍の「キートルーダ」
こちらも同じ作用機序のがん免疫療法の薬ですが

小野薬品・BMSがMerckを抗PD-1抗体特許侵害で提訴
 

抗PD-1抗体の癌治療用途に関する米国特許(US 8,728,474)を保有する小野薬品及びそのexclusive licenseeであるBristol-Myers Squibb(BMS)は、Merckが米国で抗PD-1抗体KEYTRUDA®(pembrolizumab)の承認を2014年9月4日に得たことを受け、同日付けで、Merckに対して特許侵害訴訟をデラウェア地区連邦地裁に提起しました。
2014年8月4日付のMerckのSEC Form 10-Qの22ページによれば、Merckは同米国特許のファミリーである欧州特許(EP 1537878B)について異議申立をしていましたが、2014年6月4日に開かれた口頭審理で特許は有効と判断されたようです。
また、2014年7月には小野薬品とBMSが英国でのMerckのpembrolizumabの上市に対して特許侵害訴訟を提起したり、一方で、Merckは小野薬品が保有する抗PD-1抗体に関する別の欧州特許(EP2161336B)に対しても異議申立をしたり。
小野薬品は2014年7月4日に世界で始めて抗PD-1抗体オプジーボ(OPDIVO)®(一般名: ニボルマブ、nivolumab)の承認を日本で得て、同9月2日に販売を開始しましたが、日本以外の市場参入はMerckに先を越されており、抗PD-1抗体市場が特許係争とともに騒がしくなってきました。
                                                     引用リンク先    
 
この分野における小野とBMS(ブリストル・マイヤーズ・スクワイブ)が持つ特許は確固なものであり
競合する他社製剤はこの特許を回避することはできないだろうという見解もちらほら散見できる!
裁判の行方次第では恐ろしいほどの上振れ要因になりますな

小野薬品はオプジーボの日本(+韓国台湾)の100%の販売権を持ち
BMSが売る世界のオプジーボ売上の4~6%のロイヤリティを受け取ると言われているね!(詳細不明)

現在、オプジーボはほぼ末期の患者に投薬される。
そして研究統計上ハッキリ効果があるのは2割程度だという

友人(皮膚科の臨床医)にメラノーマ患者さんに投薬してるようなので
彼の体験的な話もかいておこう(´・ω・`)

「現在5人に投与中・1人は亡くなった」
「効果が見れるほどの改善は全然ないんだけど効く人には効くんじゃない?」
「どっちにしても長期にわたってずっと投与しつづなければならないパターンしか知らない」
「末期のメラノーマってもう医者から見ると他にはあまり治療する余地がないから」


微妙にネガティヴですな・・・(´・ω・`)
ま、所詮ペーペー臨床医の意見なんて情報としては無価値ですわ( ゚д゚)、ペッ

・・・

たしかに効くか効かないかわからない患者に膨大なお金をつぎ込むため
将来的には薬価が抑制されるのは確実だけど・・・




1 投薬期間(平均9ヶ月?)=一人1000万円也。じわじわ効く人もおり長期での投与になる
2 生存をかけてこの薬での治療を患者が望むであろう点
3 アメリカならこの薬に対応してる保険に入ってないとお金がかかるけど
  日本は皆保険であり薬剤費の患者負担はほとんどゼロの点

これらを考えると

足下数年間の収益は皆保険をいいとこ取りして驚くほどの成長があるハズ!




まぁ完全にポジトークですな( ゚д゚ )クワッ



今の小野薬品工業ポジ ウーン(´・ω・`)

        20160120-001


17420円で500株追加なり     →前回との比較
まだまだ拾ってくよ!!心折れるまで!!

こちらもぜひ!小野薬品の関連記事



人気ブログランキングへ