今日のそーせいは強い動き。先週のM1(アルツハイマーと統合失調症)のP1治験のポジティブデータを受けて高値で引けました。

20160217-002

僕はは「なにがあるかわからない」まま決算跨ぐのがいやだったので信用建玉のポジション減らしましたが
決算も良い数字&M1治験結果も良い
ということで買い戻し。少しだけ

12050円で2000株買い(信用)

これで保有株は現物10000株、信用5000株となりました


Methods for screening for binding partners of G-protein coupled receptors
・Document Type and Number: United States Patent 9260505
・Publication Date: 02/16/2016
・Inventors: Weir, Malcolm Peter. Marshall, Fiona Hamilton 
・Assignee: Heptares Therapeutics Limited 
Abstract: 
A method of producing a conformational specific binding partner of a GPCR, the method comprising: 
a) providing a mutant GPCR of a parent GPCR, wherein the mutant GPCR has increased stability in a particular conformation relative to the parent GPCR;
b) providing a test compound; 
c) determining whether the test compound binds to the mutant GPCR when residing in a particular conformation; and 
d) isolating a test compound that binds to the mutant GPCR when residing in the particular formation. 
Methods of producing GPCRs with increased stability relative to a parent GPCR are also disclosed.
某掲示板に載っていたものをそのまま転載。米特許2/16日公開。これはGPCRに対応するbinding partnersをスクリーニングするメソッドの特許といことで、こういう中核の特許から周辺への特許を固めていくヘプタレスの戦略はペプチドリームによく似ています


GPCRをターゲットとした創薬を行っている会社は他にもあり、その創薬技術も多岐に渡っています。しかし、それらの技術の多くが用いる界面活性剤などの条件下ではGPCRは不安定であり、受容体を安定化して構造解析を行うためには比較的大きなリガンドを用いる必要があるなど、SBDDの妨げとなることがあります。一方、GPCRの構造を変えずに細胞膜から取り出すことが可能であることや、比較的結合能の弱いリード化合物と結合した状態での構造解析が出来るなど、StaR技術だけが成し得る特徴もあります。さらにStaR技術はGPCRに留まらずイオンチャンネルやトランスポーター等の膜タンパク分子標的にも幅広く応用できます。

こちらはそーせいHPからの引用。この「Methods for screening for binding partners of GPCR」という特許は太字部分にかかわる特許と推察。要はStar技術の中核部分の特許だと思われます。


そーせいG:新薬開発で近い将来さらなる提携模索-田村社長
2016/02/17 10:21 JST

    (ブルームバーグ):バイオ医薬品会社のそーせいグループは今年、新薬の開発に加え、主力の肺疾患治療薬以外に事業を多角化するため、さらなるパートナーシップを結ぶ可能性がある。田村眞一社長が明らかにした。米ファイザーの日本法人が昨年11月、そーせいの第三者割当増資に応じ、株式約3%を取得している。
田村社長は都内でのインタビューで、同社のパイプラインには開発が進んだ段階に達しているものがあると説明。これらについては、いずれパートナーを得られると考えており、それが2016年の最初の大きなニュースとなり得ると語った。
  (後略)

ブルームバーグにも記事が。インタビューによると開発の進んだ段階に達しているものがあるとの事で、そろそろでかいIRがきそうですね !!

のるしかない!このビッグウェーブに!!!! 




トレード日記 ブログランキングへ