今週末の資産評価額は466,781,052円でした



20160506-001


雇用統計は無風。良くはないが悪くもない。
雇用は下がり、賃金は上がる
ドルは年二回の利上げがコンセンサスで、これに影響を与える数字ではなかったと思う

ここから数ヶ月。情報として大事なのは
大統領選挙。トランプがどうなるかイギリスのEU離脱はあるのか
この2点が最大のポイントだと思う

政策を明示していないトランプが有力となれば市場も混乱する
あとはトランプ大統領ならイエレン更迭みたいな噂も

イギリスは国民投票でEU離脱かどうか決まる。
国民投票は本当に読めないので、なにかを織り込むということが困難
つまり離脱にせよ残留にせよ、決定してから市場は動くと言う事

あとはドイツ銀行とか中国方面のボヤがでるかどうかとかでしょうか
日本で言えば消費税かな。



今の信用建玉

※方針として流動性の低い銘柄は掲載しません 
20160506-002

バイオ100%のキチガイ建玉。スイング用の塩野義が増えてます
2階建ては危険だから良い子は絶対に真似したらダメだよ(´・ω・`)


  • そーせい(4565)
決算まであと1週間。今週は(といっても2日しかなかったけど)比較的強かった

・今季のガイダンスがどうなるかという点、

・アストラゼネカにライセンスアウトしたA2Aの治験一相入りに伴う
旧株主に支払う新たな金融費用がどのくらいあるのか

そのあたりを注目したいと思います

  • 小野薬品(4528)

前期の決算の再度の上方修正。当初の利益予想は140億で、これが250億
これはたった数ヶ月の期間しかない、オプジーボの非小細胞肺がんの患者への使用が急増したため

データ上、オプジーボの売上は世界で急拡大することがハッキリしている
小野薬品のオプジーボは日台韓2億人が直接の市場。
そして日本だけで一兆円を売り上げる可能性がある薬
(薬価は将来的に1/4くらいまで改定されるのだろうから現実的にはそこまで行くことはないが)

他に、欧米中など世界の製造販売はBMYの持ち分であり小野薬品はこれに付随してロイヤリティを受け取る


小野薬品の業績の確変期はつづくだろうし、
これから2年くらいは何時でも買い時という見解は今まで述べてきたとおり

免役チェックポイント阻害薬の進展によっては従来の化学療法は駆逐されるかもしれない

  • 塩野義製薬(4507)

スイング玉を5000株。短期用
5484円→(保有中)

バイオベンチャーもいいけど、中規模の製薬会社は面白い局面を迎えている会社が多い
塩野義はその中でも有望株のひとつで新型インフルエンザ薬などが控えている

大型薬一つで業績が激変するのがバイオ、製薬会社の投資の面白さ
ちょくちょくさわっていこうと思う



Cf(比較)

ブログ開始時(1月15日)の保有資産評価額
20160115-001






良ければ押してね(´・ω・`)